治療法によって費用が違う

男性医師

治療機器による違いがある

ほくろやいぼは小さなものが少量ある程度であれば気にならないこともありますが、大きなものや数が多かったりすると見た目の問題が出てきます。悪性のものでなければ、いぼやほくろは命に関わることはありませんが、美容上の問題がでてくるということです。こうなると外科的な方法で切除をする必要がありますが、その方法にはいくつかの種類があります。ほくろやいぼをとる時に最もよく使われているのは医療レーザーでしょう。医療レーザーはメスを使って切開をするものではないので、傷が残りにくく安全性の高い方法です。しかし、医療レーザーで除去できるものは小さなものに限られており、一定以上の大きさのものは切除できない可能性があります。もしくは一度だけでは取りきれない場合は数回処置を受ける必要が出てきます。目安は5ミリ以下で盛り上がっていないものです。これ以上のものになるとメスを使った治療法が必要になることが多くなります。レーザー治療の場合はクリニックによってかかる費用にはかなり差があります。相場は2000円から40000円ほどです。値段に開きがあるのは、それだけクリニックによる違いが大きいということと、いぼやほくろの状態によって費用が変わるからです。治療にどれくらいの費用がかかるのかは、クリニックに事前に問い合わせることができます。しかし、実際に診察を受けてみないとはっきりとはわからないことも多いようです。これ以上の大きさになると治療費はもう少し高くなる傾向がありますが、それも、診察を受けて適切な治療法を決めなければ、具体的にどれくらいかかるかははっきりとしないこともあります。ほくろやいぼの切除では医療レーザーがメイン治療となりつつありますが、レーザーの種類によっていくつかの特徴があります。まず一般的にレーザー治療とよばれているものが、炭酸ガスレーザーです。これはほとんどのクリニックに置いてある設備で、ほとんどの場所でこの方法で治療が受けられるでしょう。これよりも皮膚への刺激が少ないレーザーが最近は増えてきています。パワーが弱いので、切除できるいぼやほくろの大きさが限られますが、その分皮膚へのダメージを少なくすることができます。普通の炭酸ガスレーザーでも、そこまで皮膚へのダメージはありませんが、中には非常に小さなほくろが数多くあるというタイプの人もいます。そういった人の治療には、ひとつひとつの照射で周囲への影響が少ないことが、大きな違いになります。照射の数が多い場合には、炭酸ガスレーザーよりもパワーの小さな機器で施術を受けるのがおすすめです。しかし、そういった機器は常備しているクリニックが限られます。大きなクリニックのほうが設備は充実している傾向があるので、最新の機器が揃っている可能性が高いと考えられます。Qスイッチヤグレーザー、エルビウムヤグレーザーなどといった名前で呼ばれていますが、呼び名は色々なものがあります。そういった治療機器の対象になるのかどうかは、診察時に医師に確認しましょう。いぼやほくろの治療は簡単にできるものですが、治療法を決めるまでは慎重に行わなくてはいけません。またクリニック選びも重要なので、必要があればいくつかのクリニックでカウンセリングを受けましょう。