石橋をたたいて渡る

看護師

ほくろの除去治療を行なう際、受診する美容外科クリニックは慎重に選ぶ必要があります。除去方法はほくろの種類によって使い分けられるため、治療方法のバリエーションが豊富で実績の多いクリニックを選ぶと安心です。

詳しく見る

治療法によって費用が違う

男性医師

いぼやほくろはよほど大きなものでなければ医療レーザーを使って切除できます。かかる費用はクリニックによりかなり差があるので、カウンセリング時に確認しておきます。またレーザーの中にも種類があるので、負担の少ない機器を選びましょう。

詳しく見る

受ける前に知りたい事

顔に触れる女性

ほくろやいぼを取り除く場合、取り除くだけでなく綺麗に仕上げてほしいものです。新たなコンプレックスができない様に、美容整形外科では最適の方法を提案してくれます。カウンセリングがあるのでまずは電話で予約する事が推奨されています。

詳しく見る

皮膚の病気の一種

顔に触れる女性

保険適応外の治療の場合

ほくろもいぼもどちらも皮膚の表面にできる病気です。悪性でないものがほとんどなので、気にならなければ治療をしなくても問題はありません。しかしいぼの中にはウィルス性のものもあり、周囲の皮膚に感染をして数を増やしていくタイプのものも存在します。そういった増殖をするものの場合には早めに治療をしておいてほうが良いでしょう。ほくろの場合にも時間の経過と共に大きくなっていくタイプのものもあり悪性で命に関わる場合があるので、早めに受診をして診断を受ける必要が出てきます。そういった特殊な場合を除いて、ほくろやいぼは命に関わるようなものではありません。しかし、皮膚にできるものということで、他の人から見える部位にできていると見た目の問題が出てくることがあります。人目につかないような場所でも、生活をしているうちに皮膚がこすれて、いぼのある部位から出血することがあるなど支障が出る場合もあるようです。気にならない程度であれば治療する必要はありませんが、気になってしまう時や傷みが出る時は、切除したほうが毎日を快適に過ごせるようになります。ほくろは医学的には色素性母斑といいます。皮膚の中に存在している母斑細胞がメラニン色素を作り出して色を付けます。そのため、ほくろのある場所だけが周囲の皮膚に比べて色が濃くなるというわけです。いぼはウィルス性のもの以外では皮膚の老化によって発生する老人性のものがあります。これは紫外線の影響を受けて皮膚が変化したりすることが原因で、誰にでもできる可能性のあるものです。ほくろもいぼも皮膚にできる病気なので皮膚科を受診すると、治療をしてもらえます。皮膚科では医師の判断や設置してある設備の違いによって治療法が変わってきますが、保険適応の治療が中心になることが多いようです。ほくろの場合にはレーザーや手術によりほくろを取り除く治療が行われます。この場合には大きさなどによって治療の必要があると判断された場合には保険適応となり、治療にかかる費用が軽減します。いぼの場合にも同じようにレーザーや手術による治療法があります。他に液体窒素を用いていぼを切除するという方法も皮膚科では行われています。これも保険が適応されればかかる費用を安く済ませられます。しかし皮膚科で治療をする場合でも保険の適応とならない場合があり、その時には自費診療で高い費用が必要になります。美容整形外科でほくろやいぼの治療を受ける場合には、保険が適用されないために費用は高額になりますが、それは皮膚科でも保険適応とならなければ同じことです。そして、治療をした後の仕上がりに関しては、美容整形外科のほうが仕上がりが美しくなると言われています。ほくろやいぼの種類によっては治療が難しく完全に綺麗にすることは難しい場合があります。しかし、それでもできる限り美しくするための治療を行うところが美容整形外科であり、ただ治療するだけではありません。周囲の皮膚と完全に同じ状態になることが治療の目的ですが、そこまでは達成できなくても、遠目にはわからない程度まで治すことができます。美しさにこだわって治療をする場合には美容整形外科を選ぶと良いでしょう。